市川工務店 | らしさがある家づくり

南アルプス市 M様邸
2017年11月竣工
市川工務店のお客様の声
家づくりを考えるようになったきっかけ

人生設計の中で【いつかは自分の家を持ちたいい】という夢があり、
それが具体的に動き出したきっかけは『結婚』と『子供の誕生』でした。
生まれてくる子供のために「何か残してあげたい」と考えていたとき、
【住宅ローン低金利】・【消費税増税】など、家づくりをする上でベストなタイミングだと確信し、すぐに動き始めました。

家づくりで不安だったことは?

「自分たちの家に対する知識が正しいのか。」
「イメージしている建物がきちんと具現化できるのか。」
「家を建ててくれる人はどんな人なのか。」
など・・・工務店を選ぶ基準がわからず、不安でした。
ですので、自分たちが重要視したいことというのを夫婦で話し合いました。

市川工務店を選んだ理由は?

先ほどの質問でもありましたが、
自分たちが重要視していた『地域に根付いている会社であること』を基準に工務店を絞っていきました。
自分たちも同じ地域で永く暮らしていく中で、ずっとお付き合いができる工務店、そのエリアで永く続いているということが、「安心してお任せできる」何よりの証拠だと思い、地元への取り組みや、どんな思いで家づくりをしているかをお聞きし、市川工務店さんに決めました。

家づくりで一番思い出に残っていることは?

ご主人様:餅まきのときに、大工さんだった父の玄翁(げんのう)で、柱にくぎを打ち込んでいたことですね。
あそこから、僕の家づくりが始まったような気がします。
あとは、息子が工事中の現場でも「自分の家」だと認識していることを感じたときもなんだか嬉しかったです。

奥様:建物の骨組みが仕上がった段階の週間検査で、子供が建物の中で嬉しそうに走っている姿を見たときのことはよく覚えています。そんな姿を見て、私もとても嬉しかったです。

お気に入りの場所は?

ご主人:リビングのソファかな。あとは、ダイニングのここ!
この位置から窓越しで、ちょうど富士山が見えるんです。窓がフレームのようになっていて。
あとは、階段の窓から八ヶ岳が見えるのもいいです。山が好きなので。
アパートで暮らしているときは、近隣を気にして息子にも「コレをしちゃだめ。」「アレをしちゃだめ。」など注意していましたが、自分の家でくらしてからは、子供自身が「ここまではしていいかな」とか自分で考えるようになり、子育てをする環境が整ったなと実感しました。

奥様:私はキッチンですね。使い勝手がよくて、広いし、収納も多いし。アパートとは全然違いますね。
いろんな調理ができる魚焼きグリルにしたので、色々なお料理にも挑戦できます。

住んでみての感想は?

ご主人様:ホッとしますよね。ON・OFFの切り替えがキッチリできるようになったし、家族の会話が増えたと思います。
キッチンに立つ機会も増えましたね!間取りの動線の効果かな・・・

奥様:あったかいです!夜、帰ってきてもひんやりしていないし、寒い時期でもファンヒーター1台で家の中がほぼ賄えているので、驚いています。
子供のおもちゃもリビングに置けるようになったので良かったです。

最後にこれから家を建てようと考えている方へ、アドバイスを!

ご主人様:何しろ行動をしてほしいですね。
様々なものを見て、視野を広げて、少しの情報よりも多くの情報を得て、家づくりをしてほしいと思います。
自分たちの軸となる部分をしっかりと決めて、限られた範囲の中で最大限納得のいく家を建ててほしいです。
そして、いいなと思った会社が建てた家も実際に見てほしいですね。

奥様:自分が思い描いているものを、しっかりと工務店に伝えること。
それが実現できるかどうかちゃんと話をすることが大事だと思います。
私も自分の思い描いていることを伝えたので、理想的な家になりました。

ギャラリー

一覧ページへ