市川工務店 | らしさがある家づくり

2021年4月竣工 富士川町S様邸
延べ床面積:125.16㎡(34.81坪)
2階建て
2021年4月竣工 富士川町S様邸
無垢の床材と漆喰の塗壁で、心地よいLDK

程よい光が差し込むLDKは、対面キッチンで和室にもつながる空間。「家族で一番長く過ごす空間だから」と、床材はオークの無垢材を採用。木目が際立ち、柔らかな雰囲気を後押ししてくれる。子供たちが裸足で歩き回ってもさっぱり気持ちのいい足触りだ。壁には、漆喰を塗り調湿効果やにおいの吸着に一役買っている。壁紙の表情とは違う、職人さんの「手仕事」が見える漆喰の仕上がりもいい味だ。リビングと和室がつながり、遠方に済む奥様のご両親が遊びに来たときは、お泊りできるように間仕切れるようになっている。

2021年4月竣工 富士川町S様邸
洗面脱衣から、サンルームへ一直線。

家事で負担が大きいのが「洗濯」である。S様も洗濯は1階のサンルームへ干したいというご要望があり、実現された。洗い終わった後の重い洗濯物をベランダまで運ぶ作業は、毎朝のこととなると大変である。S様邸は建物北側にある浴室から洗面脱衣室→パントリー→キッチン→南側のサンルームまでが一直線である。朝の忙しい時間帯に無駄に動き回らずに済むように、水回りをまとめ効率的に家事ができるようにプランニング。

2021年4月竣工 富士川町S様邸
さりげなくムーミン

ムーミン好きの奥様は、ムーミン柄の壁紙をポイントで採用。トイレやパントリーの壁内部をムーミン柄で仕上げた。≪さりげなくムーミン≫なので、思っているほど主張はしてこない。

2021年4月竣工 富士川町S様邸
寝室はシックな雰囲気に

寝室は床材のトーンを落とし、壁紙もシックに落ち着いた雰囲気に仕上げた。天井にはプロジェクターを取り付けて、シアタールームにも変身。映画好きのお二人だけの特別な時間が過ごせそう。

ポイント
P
Point

家事動線を重視したS様邸の1階は、ひとつの空間に対して2つの入口になるよう空間を繋げました。2方向アクセスにすることで、無駄のない安全で効率的なプランに仕上がりました。

一覧ページへ