リフリート ~南アルプス市N団地 建設工事~

   

火災被害となった部屋のリフリート施工が完了しました。

火災を受けたコンクリートでは、急激な加熱により内部水分の蒸発、組織の分解等が

進行し、表面の脆弱化、ひび割れ、表面剥離等の劣化が生じます。

コンクリートの表面を10mm程度斫り取りアルカリ性付与材塗布、防錆ペースト塗り、

厚付モルタルを塗り仕上げる工法となります。

リフリート工法は責任施工で県内では1社に限られます。