フラット35Sの金利が!! » 山梨県南アルプス市の工務店 …らしさがある家づくり (株)市川工務店

フラット35Sの金利が!!

お知らせ 2015年2月9日

知ってますか!?「フラット35」が史上最低金利に・・・。

国の「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」として、フラット35の金利引き下げ幅が拡大しました!

私が借りた頃は、2.0%でこれ以上は下がらないだろうと「今が借り時だ!」と言われていた10数年前

さらに下がりここ数年でまた低金利の波が押し寄せています。うらやましい限りです・・・。

少し前までは、フラット35(35年固定金利)がずーっと金利が変わらず人気でしたが、

最近の傾向としては、フラット35Sや銀行の変動金利が人気のようです。

これは、借りる方の人生設計&家計計画で大きく変わるところだと思います。

さて今回の引き下げ、どのようなものかというと・・・

150209フラット35

というように現行「0.3%」だった引下げが⇒「0.6%」に。

つまり…仮に金利が2.0%であったら、0.6%を引き下げて、1.4%で借りられるということです。

とはいってもわかりにくいですよねぇ・・・実際に借りたらどの位違うのか?・・・こうなります。

フラット試算表

上記で示した通り、借入金利年1.37%とした場合です。借入時期により変わりますので参考までに!

フラット35を基準に考えると・・・

【フラット35】S(Aプラン当初10年引下げ)で・・・・172万円もお得に!!

【フラット35】S(Bプラン当初5年引下げ)で・・・・・・93万円もお得に!!

とはいえ、3,000万円借りても、最終的には3,600万円も払わなければいけないって・・・

そこも極力少なくする方法はないものか・・・!

そう思ったあなた!!

今週末に「住宅ローン借方勉強会」がありますよぉ!

詳しくはお問い合わせくださいませ(^○^)

とはいえ、住宅ローンは金利だけで決めてしまってはダメなんですねぇ!

安易に決めてしまうと、大変なことになってしまうんです。

みなさん、知っていましたか?

住宅ローンの返済ができず、せっかく建てたマイホームを手放す人がいることを。

そうならないためにも、住宅ローンの勉強は必要なんですねぇ。

住宅ローンは「貸してくれる金額」=「借りても良い金額」・・・じゃないんです!

ちゃぁんと「返済していける金額」を借りることが大切なんです。

そのためにも住宅ローンの勉強は大切なのです。

現在住宅ローンを組んでいる方は、借り換えなどの選択肢もあります。

今支払っている金利と残額などで借り換えをした方が、月の支払金額を抑えることができたり、返済年数を

減らすことができたりすることがあります。残金が少なかったり、金利が1%も変わらない場合は手数料等で

手間がかかるだけで変わらないという場合もありますが、一度銀行や住宅金融支援機構などに相談して

試算表を出してもらうとよいですよぉ!

私も数年前に借り換えをして返済年数を減らしました。

金利もその分払わなくてよくなったという事です(^○^)!

たしか100万ちょっとくらいだったかなぁ?これって結構大きいでしょ!

住宅ローンのことが良くわからない方は、まず住宅ローンの勉強会に参加してみてください。

『損しないための!住宅ローン借り方勉強会』 次の開催日は2月14日(土)、15日(日)
↓↓1月10日(土)、11日(日)の住宅ローン勉強会の様子↓↓
 

※「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」、予算額が決まっているため予算に達すると早く終了してしまいます。

今後の動向を確認してくださいね!

参考に>>住宅金融支援機構HP